未来の日本史博士の時典

日本史オタクが歴史を語る。アニメ、スター・ウォーズなんかも好きなんで時々綴ります

承久の乱直前の一騒動


f:id:gonikyuroku:20191206182725j:image

どうも未来の日本史博士です。

ようやく即位関連の行事が一通り落ち着いたので天皇の歴史シリーズを進めていきたいと思います。

というわけで前回の後鳥羽院政に続く時代をピックアップしてしていきます。

ではさっそく始めます!

源実朝の在位中

前回に解説した通り、2代将軍・頼家北条政子以下御家人衆に更迭され、伊豆の修善寺に幽閉されてしまいました。その後は北条家を中心とした合議制が敷かれたようですがここでは割愛。そのまま頼家の弟・実朝が3代将軍に就任しました。


f:id:gonikyuroku:20191206182744j:image
実朝は政治に関与する機会が少なく、主に文化的な活動をしていました。例えば宋に行こうと船を建造したり、「金槐和歌集」なるものを編纂したり…。このおかげで文化人でもあった後鳥羽上皇後鳥羽自身も「新古今和歌集」を編纂しています)と友好的になり、公武融和に貢献していました。

鶴岡八幡宮暗殺事件

しかし、実朝が右大臣に就任したことの昇進祝いを鶴岡八幡宮にて行う機会があり、そこで悲劇が起こりました。


f:id:gonikyuroku:20191206182932j:image
あろうことか時の将軍が先代・頼家の息子の公暁に刺殺されたのです。


f:id:gonikyuroku:20191206182807j:image

ここで後鳥羽が動きます。そもそも実朝に子供がおらず、後鳥羽の皇子を次の将軍に据えようと考えていました。しかし、そんな物騒な場所に息子を送れない!と後鳥羽は踵を返したため一気に険悪ムードとなります。結局藤原摂関家から分裂した九条家より九条頼経を迎えました

(ちなみにですね、江戸時代の和宮降嫁のときもそうなんですが、親王格の皇子を東国に送り込んでしまうと皇位継承権を持っているため皇室が分裂しかねないという懸念もありました。そんなこんなで摂家将軍を迎えることになるんですが、もう少ししたら皇族将軍が登場するのでお楽しみに)

それはさておき、ある意味軍事を専門とする「公家」であった源氏将軍家を手中におさめようとしていた後鳥羽はその立場が北条一族に奪われたことを不満に感じ、前述の将軍後継者問題で火種がくすぶります。

後鳥羽は開戦止む無しという立場でしたが、土御門上皇や摂政・近衛家実らの公卿は大反対、順徳天皇は大賛成という立場をとっていました。

f:id:gonikyuroku:20191206182829j:plain
f:id:gonikyuroku:20191206182835j:plain



何なら順徳に至っては皇位を自分の子に譲り、85代仲恭天皇として即位させました。順徳はフリーとなって討幕に全力をつぎ込みます。1221(承久3)年の事でした。

同じ年の5月に流鏑馬をするという名目で朝廷の支配が行き渡っていた西国の武士をかき集めました。

そして開戦の火蓋が切り落とされるのです。

次回、承久の乱!お楽しみに!

文武両道!後鳥羽天皇

どうも未来の日本史博士です。

ついに後白河院政編が完結し、鎌倉幕府編に入ってきたところです。

後白河法皇自身は頼朝が出資して再建された法住寺殿に移住して間もなくの1192年に崩御、その後九条兼実らのあっせんによって頼朝征夷大将軍に任命されることで鎌倉時代が始まりました。

というわけでその辺りから後鳥羽天皇に焦点を当てて解説していきます。

 

後鳥羽天皇の異例の即位

後鳥羽が即位する頃は安徳天皇の時代です。しかし、平家の力が日に日に弱まっていき、多くの公家らを敵に回したため、後白河は新帝を即位させることを画策します。


f:id:gonikyuroku:20191119005537j:image後鳥羽天皇

そんな中の1183年、木曽義仲が京都に入ります。そして安徳天皇を連れて平家一門が福原の方に逃げていきます。それも三種の神器を抱えて。ちょうどゴールデンウィークの時に行われた即位儀式の中で剣璽等承継の儀が行われましたよね。


f:id:gonikyuroku:20191119005402j:image
これこそが天皇が即位したことを示すものだったのです。というわけで三種の神器がないと即位をしたと証明できないんですよ。

さて、後白河はどうしたか?

答えは三種の神器を携えないまま即位したのでした。


f:id:gonikyuroku:20191119005412j:image(イメージ)
その即位の証明に使われたのは後白河の詔でした。さらに言えば壇ノ浦の戦いにて「草薙の剣」が海没してしまったためについにそろうことがなかったのです。

後鳥羽の治世

天皇としての治世での事績はあまり多くありません。ずっと後白河院政の時代でしたから。後白河崩御後に九条兼実の薦めで源頼朝征夷大将軍に任命したことは特に有名ですね。
f:id:gonikyuroku:20191119005429j:image九条兼実
ちなみに一部の公家と、兼実と疎遠になった頼朝の画策で兼実本人は朝廷から追い出されます。これは建久七年の政変と呼ばれます。

後鳥羽の院政

1198年に後鳥羽は83代土御門皇位を譲ります


f:id:gonikyuroku:20191119005515j:image
後白河
のこともあってか頼朝にとって院政は邪魔な存在だったため、できれば譲位してほしくなかったようですが、煩わしいしきたりや儀礼、政務から逃れて自由を手にしたい後鳥羽は三人の親王のなかからくじで長男の為仁親王を皇太子としました

頼朝にとって朝廷は日本の軸であるが故に重要視していたため、あまりぞんざいに扱う訳にもいかず、結局譲位を認めました。

娘の大姫を失った頼朝は1199年に落馬事を起こして亡くなります。まあ糖尿病だったともいわれていますけどね。

f:id:gonikyuroku:20191119005450j:image源頼家
その4年後の1203年には頼朝の長男・2代将軍頼家北条氏によって将軍職を解任、幽閉され、弟の実朝が3代将軍に就任します。

そうして公家の中でも重鎮が消え、鎌倉側でも頼朝がいなくなったため後鳥羽は最強の権力者となりました

もう誰も後鳥羽を止められない、そんな感じの雰囲気の中で3代将軍・実朝の死後に幕府との対立を深めて承久の乱へと向かっていくのです。

次回は承久の乱について、その後は鎌倉文化(仏教、後鳥羽の推進した文化)についてお送りしていきます。

〈特集〉即位礼正殿の儀のまとめ

どうも未来の日本史博士です。

10月22日に即位礼正殿の儀が無事に執り行われました!

 

f:id:gonikyuroku:20191109203530j:image

今回は延期になった祝賀御列の儀直前特集ということでざっくりとタイムテーブル順に流れをおさらいしていきます。

賢所大前の儀まで

10月22日当日の流れについて順を追っていきます。

午前9時03分頃:天皇皇后両陛下が賢所宮中三殿)にて賢所大前の儀を行いました。

午前7時03分頃に宮中三殿に移動してから始まります。


f:id:gonikyuroku:20191109203807j:image

まずは天皇陛下が「帛御袍(はくのごほう)」をお召しになり、天皇の証である剣爾を持った侍従を従えて賢所の内陣に入り、大和言葉で「御告文」を読まれ、その後、皇霊殿と神殿に順にご報告されました。

その後、皇后陛下が「五衣」「唐衣」「裳」という装束を身を包まれ、天皇陛下同様に宮中三殿にご報告されました。

宮中三殿には皇祖皇孫(天照大御神と歴代天皇)が祀られており、即位したことを報告する儀式を行ってから即位礼正殿の儀に臨まれました。

即位礼正殿の儀

まずは諸外国の来賓の入場、知事や各方面に功績を残した方々が松の間の向かいの特設ステージに入場します。

f:id:gonikyuroku:20191109202114j:image

その後三権の長の入場です。正殿・松の間に入っていきます。

f:id:gonikyuroku:20191109202142j:image

続いて天皇皇后両陛下以外の皇族の入場になります。


f:id:gonikyuroku:20191109202248j:image

秋篠宮文仁親王殿下は「黄丹袍(おうにのほう)」と呼ばれる皇太子のみが着ることができる束帯をお召しになり「垂纓冠(すいえいかん)」「帯剣(たいけん)」を帯びて現れました。


f:id:gonikyuroku:20191109202304j:image

秋篠宮妃紀子内親王殿下以下の女性皇族方は「五衣」「唐衣」「裳」をお召しになり、男性皇族は束帯が原則ですが、今回秋篠宮文仁親王殿下を除いて唯一参列される常陸宮正仁親王殿下は車椅子に乗って生活されているため勲章を着用した燕尾服をお召しになって車椅子で参加されました。


f:id:gonikyuroku:20191109202353j:image

13時05分になると天皇皇后両陛下が松の間にお入りになり、天皇陛下は高御座、皇后陛下は御張台に入られます。


f:id:gonikyuroku:20191109202440j:image

この時、天皇陛下は「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という天皇陛下のみが着用できる束帯姿でした。皇后陛下は「御五衣(おんいつつきぬ)」「御唐衣(おんからぎぬ)」「御裳(おんも)」という白を基調とした十二単をお召しになっていました。男性皇族は冠を、女性皇族は御垂髪(おすべらかし)という伝統的な髪型で臨まれました。

天皇陛下が高御座に入られる時に剣、御璽、国璽、を侍従に持たせて引き連れ、高御座の中に置かせます。


f:id:gonikyuroku:20191109202419j:image

準備が完了した後に宮内庁職員による鉦の合図で一同が起立、


f:id:gonikyuroku:20191109203438j:image
高御座と御張台を開きます。


f:id:gonikyuroku:20191109202529j:image

続いて鼓の合図によって参列者が敬礼し、内閣総理大臣が松の間に入ります。

侍従が天皇陛下から笏を受け取って天皇陛下が読まれるお言葉が書かれた紙を受け取り、


f:id:gonikyuroku:20191109202603j:image
13時17分に天皇陛下がお言葉を読み上げられました。


f:id:gonikyuroku:20191109202548j:image

ここで天皇陛下のお言葉です。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心(みこころ)を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。
 国民の叡智(えいち)とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。(引用:読売新聞)

その後再び天皇陛下が笏を受け取られ、安倍総理大臣の寿詞です。


f:id:gonikyuroku:20191109202621j:image

  謹んで申し上げます。
 天皇陛下におかれましては、本日ここにめでたく「即位礼正殿の儀」を挙行され、即位を内外に宣明されました。一同こぞって心からお慶(よろこ)び申し上げます。
 ただいま、天皇陛下から、上皇陛下の歩みに深く思いを致され、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、日本国憲法にのっとり、象徴としての責務を果たされるとのお考えと、我が国が一層発展し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを願われるお気持ちを伺い、深く感銘を受けるとともに、敬愛の念を今一度新たにいたしました。
 私たち国民一同は、天皇陛下を日本国及び日本国民統合の象徴と仰ぎ、心を新たに、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていくため、最善の努力を尽くしてまいります。
 ここに、令和の代(よ)の平安と天皇陛下の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

続いて天皇陛下のご即位を祝って、安倍総理大臣による万歳三唱、


f:id:gonikyuroku:20191109202646j:image
陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地所属の第一特科隊の礼砲中隊が甲武装を纏って105mm榴弾砲M2A1から21発が発射されました。


f:id:gonikyuroku:20191109202657j:image

天皇陛下、万歳」の「て」で合図が行くらしいですね。

あとは始まりの逆です。高御座、御張台の幕が閉じられて、鉦の合図で参列者一同が着席します。


f:id:gonikyuroku:20191109202744j:image


f:id:gonikyuroku:20191109202758j:image


f:id:gonikyuroku:20191109202815j:image

f:id:gonikyuroku:20191109202829j:image


f:id:gonikyuroku:20191109202848j:image


f:id:gonikyuroku:20191109202909j:image

f:id:gonikyuroku:20191109202948j:image


f:id:gonikyuroku:20191109202353j:image


f:id:gonikyuroku:20191109203014j:image



f:id:gonikyuroku:20191109203027j:image

f:id:gonikyuroku:20191109203128j:image


f:id:gonikyuroku:20191109203138j:image


f:id:gonikyuroku:20191109203154j:image

f:id:gonikyuroku:20191109203211j:image


その後、13時35分天皇皇后両陛下、皇族方が退出され、最後に三権の長が退出して即位礼正殿の儀が終わりとなります。


f:id:gonikyuroku:20191109203226j:image


f:id:gonikyuroku:20191109203305j:image

(引用元:全てTHE PAGE)

以上、退場の様子でした!

祝賀御列の儀には僕も行くのでその内容についても特集を組んでいきます。

後白河法皇と源頼朝の駆け引き

どうも未来の日本史博士です。

さて、ついに平家滅亡までこのブログも進みました。となると、次に政権を握ろうと画策したのは源頼朝です。という訳で今回は源頼朝義経、そして後白河後鳥羽を中心に話を進めていきます。では早速始めましょう!

 

義経と頼朝の確執

平家を滅ぼした一の谷、屋島、壇之浦での総大将は源義経です

f:id:gonikyuroku:20191101215640j:image源義経
鵯越の逆落としとか、八艘飛びとか、常人離れした様々な戦法でも有名ですよね!でも義経もやはり人です。褒めてもらいたいし、ご褒美も欲しいんです。でも頼朝義経を冷たくあしらいました。平家追討の戦いの最中に頼朝の腹心・梶原景時と仲たがいして讒言されたとか、弟を贔屓すると他の家臣に示しがつかないとか、いろいろ理由があったんです。そうはいってもやはり、義経にしてみれば悔しいことこの上ないんです。どれだけ頑張っても功績を認めてもらえなければつらいですよね。

そこで義経は直接後白河院に褒美を求めたのです。すると後白河院はあっさりと検非違使に任命しました。

f:id:gonikyuroku:20191101215803j:image

検非違使
さて、何でだと思います?後白河にも彼なりのやり方があったんです。彼自身天皇に即位するまでは政治には何の興味も示さなかったんですが、即位後は如何にして天皇家の勢力を向上させるかを常に考えてきました。藤原氏の力を削ぐことができ、平家も滅び、あとは源氏一族を弱体化させれば全ては上手くいったのです。そのため、義経検非違使に任命することで頼朝頼朝に従わない義経の対立関係という構図を作り出したのです。まあここで大誤算が生じるんですけどね。

後白河院がやらかした史上最強の大誤算

果たして、何が誤算だったのか?

それは後白河院義経頼朝追討の院宣を出したことに始まります。激怒した頼朝義経を捕まえるべく守護と地頭の任命権を後白河院に求め、後白河院はそれを承認してしまいます。これによって租税、警察制度は全て頼朝の管理下になりました。簡単に言えば、政治機能を渡してしまったんですね。これが1185年のことです。最近ではこの頃に鎌倉幕府が成立したという見解もありますね。そのまま義経奥州藤原氏の拠点・平泉に逃げ込み、時の当主であった藤原泰衡の裏切りによって衣川の館で自害します

f:id:gonikyuroku:20191101215823j:image

中尊寺金色堂
無念のヒーローって感じですね。僕が歴史に興味をもったのもこういう出来事がはかないなぁって思うのと同時に、宿命なんだろうか、今の世の中でも同じような状況が生まれるのだろうか、と気になったからなんですよ。

f:id:gonikyuroku:20191101215900j:image源頼朝

それはさておき、頼朝は1189年には奥州藤原氏を滅ぼし、公家の権力者・九条兼実を摂政に任命させて仲介してもらうことによって1192年に征夷大将軍に就任、正式に武家政権が花開き、ここに後白河院の野望は露と消えたのです。

次回、鎌倉幕府と初期の動乱について解説していきます。また番外編として平安末期から鎌倉初期にかけての公家の動向、また、奥州藤原氏についての記事もお送りしたいと思っています。乞うご期待!

 

空母加賀が発見された!で、加賀ってどんな船?

f:id:gonikyuroku:20191022101834j:image

どうも未来の日本史博士です。

実は僕はミリタリー好きでして、加賀発見のニュースにとても湧いています!

という訳でたくさんの人に加賀について知ってもらうべく、この記事を書きます。

加賀の主要諸元


f:id:gonikyuroku:20191022101903j:image

母港 佐世保港
建造年/場所 1928年3月31日 川崎造船所(艤装のみ横須賀海軍工廠
最期 1942年6月05日沈没 ミッドウェー
基準排水量 38200t
速力 26.7ノット
全長 238.51m
乗員 1269人
艦載機 三式艦上戦闘機16機/一〇式艦上偵察機16機/一三式艦上攻撃機28機
兵装 20cm連装砲4門/20cm単装砲6門/45口径12cm連装高角砲12門/13mm連装機銃4基/留式機銃2挺

空母の速さの必要性

f:id:gonikyuroku:20191022100354j:plain

コトバンクより引用

f:id:gonikyuroku:20191022100415j:plain

カタパルトに接続した戦闘機


この時代、艦載機はどうやって発艦したでしょう?

ちなみに現在は蒸気や電気の力でカタパルトを使って一気に加速することで飛んでいきます。しかし、戦争が始まるころはそんな科学技術はありません。そのため風の向きに合わせて30ノットまで加速することで飛行機が飛べる速度に合わせていました。

そして今回の加賀ですが「ロ号艦本式ボイラー」というものを搭載していました。艦本式というのは艦政本部が開発した国産のボイラーという意味らしいのですが、実は最大戦速でも28ノットしかでないのです。まあ飛行甲板が広くて飛ばしやすいので人気だったようです。

戦艦時代、三段甲板時代

f:id:gonikyuroku:20191022095944j:image

そもそも空母には「飛龍」「瑞鶴」といった空を飛ぶ縁起の良い生物から名前を取っています。ですから「加賀」という名前はイレギュラーなわけです。では、何故か?

ヒントは「陸奥」「山城」「武蔵」「大和」分かりますか?

答えは旧令制国の名前を取っています。という訳で「加賀」という名前の通りもともと戦艦として作られたんです。でもワシントン海軍軍縮会議で主力艦(戦艦)の保有が正弦されてしまったんです。だから抜け道として空母に改装することにしたんです。

で、世界的に珍しい三段式の飛行甲板を備えた空母に生まれ変わりました。

一段式空母時代、太平洋戦争開戦直前まで

f:id:gonikyuroku:20191022100011j:image

三段の場合、意外と効率が悪いらしいんですよ。二段目からは艦載機は飛ばせず、三段にしたせいで艦載機の数も少なかったんです。同時期に巡洋戦艦から改装された「赤城」が「加賀」よりも5ノット程早いため一緒に行動できません。そういった事情を踏まえて性能改善、甲板全通化のため呉海軍工廠にて再改造が行われました。

こうして出来上がった「加賀」は帝国海軍空母のスタンダードモデルとしてこの形が引き継がれています。

f:id:gonikyuroku:20191022100515j:image
「加賀」の初戦は第一次上海事変です。この戦闘自体は引き分けに終わったものの帝国陸海軍史上初めての敵機を撃墜しています。

この後に前述の改造が行われ、第二次上海事変にも参加、太平洋戦争が勃発します。

次回、真珠湾攻撃からミッドウェー海戦まで、そして加賀発見についてです。

空母「加賀」について、10月22日の即位礼正殿の儀、11月10日の祝賀御列の儀についての特集を組むので天皇の歴史シリーズはいったんお預けになります。

ともあれ、それなりの頻度で更新していくので、乞うご期待!

 

後白河院政下の安徳・後鳥羽施政

どうも未来の日本史博士です。

以前から続く後白河による院政下での安徳天皇後鳥羽天皇の二帝並立について、そして平家の滅亡まで流れについてです。

それでは、どうぞ~

木曽義仲の興亡


f:id:gonikyuroku:20191015193053j:image

木曽義仲は始め京都に入って平家を京都から追い出すことに成功したので、征東大将軍に任命されました。が、しかし、ここで問題が起こるのです。もともと木曽というだけあって京都に比べると田舎だったわけです。なので作法がなってなかったわけです。しかも前回の記事で解説した通り、京都では食糧不足に陥っていて、義仲軍の兵士は食べ物を欲していました。そしてついに、我慢にも限界がきて乱暴や狼藉を都の一般人に行ってしまいます。入洛直後は不良同然だった平家の武士を追い出した功績から賞賛され、大目に見てもらっていました。でもだんだん都の人々の空気が変わり、後白河の義仲への信頼は失墜します。そして後白河は源頼朝に密かに義仲追討の院宣が下されます。これに怒った義仲は後白河の住む法住寺殿を襲い、公家を多く殺害してしまいます。この時に関白・近衛基通を罷免し、松殿師家を代わりに任命します。

その後義仲は源義経と瀬田唐橋にて争い、敗北。滋賀の粟津で敗死します。


f:id:gonikyuroku:20191015193218j:image

この時、松殿師家は失脚、以降松殿家は政治の表舞台から去ります。

平家滅亡

一時、源氏の中で内紛が起きたことにより、西国から福原に戻っていましたが、かの有名な義経の平家追討が始まります。まずは一の谷。鵯越の逆落としで有名ですね。f:id:gonikyuroku:20191016181132j:image
そのまま安徳を連れて屋島に逃げ込んだ平家一門でしたが、義経の策略に為す術もなく敗北。

f:id:gonikyuroku:20191016181149j:image

(このシーンは有名な那須与一が扇を撃ち落とすところです)
壇ノ浦に敗走します。まああとは分かりますよね。壇ノ浦の戦いで頭領・平宗盛以下平家一門は入水。安徳も清盛の妻・時子(二位尼)に抱かれて海の底に消えました。たった8歳で崩御するという今なお破られていない天皇の短命記録です。


f:id:gonikyuroku:20191016181249j:image

しかもこの時に三種の神器の一つである草薙剣が海の底に沈んでしまったのです。(実際のところ実物は熱田神宮に祀られているようなんです。御霊遷しという段階を踏んでいた複数のレプリカが存在していて、そのうちの一つを平家が持っていたとか)

同時に八尺瓊勾玉二位尼が帯同して海に沈んだものの、勾玉が入っていた箱ごと浮いてきたためそのまま回収できたとか。

この頃後鳥羽は後白河の院政下だったため、そして若年だったため、どうすることもできずにただひたすら従っているだけでした。

さて、ついに平家滅亡まで解説しましたが、次回は後白河最終章、源頼朝との確執~崩御について解説していきます。次回以降も乞うご期待!!

後白河の院政と二帝並立


f:id:gonikyuroku:20191006080029j:image

どうも未来の日本史博士です。

さて、日々より多くの方々に天皇の存在の重要性を理解してもらうべく、天皇を主人公として歴史を語っているわけですが、そろそろ有名な人物がごろつき始めたなぁというあたりまで続けてくることができました。先日、ブログを本格的に開始してから半年が過ぎたころに通算2600PVを達成できました。1日のPV数も50を超えてくることが多くなってきたので目指せ100PV/日!という訳で今回も精一杯歴史を語っていきます。

さて、前回は安徳天皇の即位で終わったので今回はその続きからですね。

ここからは急展開ですので瞬き禁止ですよ!

 

安徳の即位と清盛の死

安徳が即位するまでには長い道のりがあったのは今まで書いてきたのでだいたい理解して頂けていると思いますが、改めて振り返ると上手に世渡りをしていたんですよね~。皇族の護衛をして気に入られ、摂関家や僧にも名誉に傷をつけないように間を取り持ちつつ最大限に権力を利用していたわけです。そして自分の娘・徳子を高倉天皇に入内させることに成功し、ついには誕生した孫の安徳(言仁親王天皇を即位させることにまで成功したのです。

f:id:gonikyuroku:20191006080041j:image

安徳天皇
しかし、安徳即位の直前の「治承三年の政変」から評判が悪くなり始めました。

じゃあ何が悪かったのか?

簡単に言えば横暴ですよね。特に顕著に表れているのが悲願だった安徳の即位です。とにかく院政を敷いて自分の権力を保ちたかった後白河を差し置いて(あろうことか幽閉までして)安徳を即位させてしまったのです。同時に人事も刷新して敵対する公家を排除して公家衆の不満が爆発しました。

さらに安徳即位後の最初の行幸石清水八幡宮などを差し置き厳島神社にしようとしたことも伝統を重んじる公家の怒りを買いました

f:id:gonikyuroku:20191006080209j:image

(岩清水八幡宮

上記の事情は宗教界からも反発も招き、さらに福原(兵庫・神戸)へ遷都を決断したことが皇族、公家はもちろん都の鬼門を守る立場にあった延暦寺からは猛反発です。f:id:gonikyuroku:20191006080100j:image

比叡山延暦寺、ちょうど先日NHKブラタモリで取り上げられてましたね)
ちょうど同じころに後白河の第三皇子の以仁王源頼政の挙兵によって広がりつつあった反乱の芽を図らずも育てる羽目になってしまったんですね。

さらに平家にとって不幸は重なり、戦乱の中で東大寺興福寺を焼いてしまうという失態も。

f:id:gonikyuroku:20191006080110j:image

(言わずもがな東大寺

そしてじわじわと情報が広がり、多くの人に以仁王の挙兵に同調して挙兵します。その中に源頼朝木曽義仲らがいます。彼らは富士川や俱利伽羅峠で勝利して都に近づいていました。

その中でついに清盛の生命の灯が消えます。後世に伝わる話では体を冷やすために湯舟に入ったものの、それが熱湯になった、という逸話も残るほどの高熱にうなされてついに亡くなりました。

二帝並立

清盛が死去した時はちょうど近畿で干ばつが起こっていて京都に食糧がほとんど入ってこない時期だったんです。多数の兵士を抱える平家は滞在し続けるわけにはいかず、丁度源氏方が攻めてきているのもあって西国に落ち延びていきました

f:id:gonikyuroku:20191006080122j:image

後鳥羽天皇
この時に安徳も平家と一緒に西国に向かったので京都に天皇が不在となったため、高倉天皇の三男・尊成親王後鳥羽天皇として即位しました。ちなみに三種の神器は平家が所有していたので言わずもがな平家方はこれを認めませんでした。あくまで後白河法皇の詔のみでの即位なので果たしてどれだけ浸透したかは未知数です。

さて、二帝が同時に存在した一時期に関してはまた次回を乞うご期待!

平清盛の勢力拡大と劣勢の後白河上皇

どうも未来の日本史博士です。

前回に引き続き今回も後白河上皇院政期のお話です。そして平治の乱によって後白河の信頼を得た平清盛についても解説します。ではでは早速始めましょう。

≪今回のキーパーソン≫

院政 後白河上皇 院政1158年~1192年
今回の時代(1159年~1180年)の天皇 78代二条天皇
79代六条天皇
80代高倉天皇
81代安徳天皇
在位1158年~1165年
在位1165年~1168年
在位1168年~1180年
在位1180年~1185年
時の権力者 平清盛
近衛基実
松殿基房
参議太政大臣
正一位摂政関白太政大臣
摂政関白太政大臣

天皇の移り変わりと清盛

たとえ天皇の歴史について解説するブログとは言え、突然清盛に登場されても謎が深めるだけだと思うのでこちらで軽く紹介しているので良ければ読んで頂ければ。 

gonikyuroku.hatenablog.com

 さて、清盛は後白河にとても気に入られて参議、内大臣に昇進します。ただ、その間の1165年に二条天皇崩御し、六条天皇が即位します。

f:id:gonikyuroku:20190901003135j:image

  (二条天皇)          

 f:id:gonikyuroku:20190901003141j:plain

六条天皇
亡くなるまで後白河と政権を争い、二頭政治を敷くも後白河勢力の地盤が強固になりつつあった最中の出来事でした。ちなみに六条は最年少の0歳7か月で即位しています。まだ赤ちゃんだったため即位式中に泣き出して授乳させたというエピソードがあります。

そのため摂政・藤原(近衛)基実が義父の清盛と共に政治を主導しますが、基実が翌年に亡くなり、後白河の院政が本格的にスタートします。

平清盛の共存共栄策

清盛の昇進は止まらず、1167年に教科書でおなじみの太政大臣に武士として初めて任命されました。また、藤原摂関家に伝わっている教え「天皇と共存共栄」という信念を受け継ぎ、娘の徳子を高倉天皇(1169年に後白河の意向で六条が退位、高倉が即位)に入内させて安徳天皇を産んだことで外戚として完全に政権を掌握しました。

f:id:gonikyuroku:20190901003309j:image

高倉天皇
高倉の即位の時に清盛は病を理由に出家しています。自分の院政を盤石にしたい後白河と平氏と繋がりのある清盛の意見が一致した結果の出来事だったのでしょう。ちなみに六条は上皇になった後(この譲位を最年少)に13歳で崩御します。六条の治世は亡くなった二条と基実の遺産の分配くらいだといわれるほど在位は短く、権力は無かったようです。

清盛の専横

はじめは後白河と協調関係にあった清盛も荘園からの税収や日宋貿易による利益で莫大な資金を手にして官位官職を独占した挙句、清盛の専制に移行していきます。後白河も清盛の長男・重盛が亡くなった際に、知行国の越前を没収するといった攻撃に出ますがその甲斐もむなしく、1179年の治承三年の変が起こります。平氏の方針に反抗する勢力を潰し、後白河は幽閉されました。いろいろと評価は分かれますが、後白河と仲良くしていれば政権も長命だったともいわれますね。

さて、翌年の1180年には高倉を譲位させ、安徳天皇が即位します。

f:id:gonikyuroku:20190901003352j:image

安徳天皇
高倉は院政に移行させられますが、何もできず翌年21歳で崩御しました。

様々な平氏の行動が災いして皇族、公家、寺社からの反発が強まるんですが、そこからの一連の流れは次回にて。

というわけで今回はここまでにします。次回以降乞うご期待!

番外編 平清盛の半生

どうも未来の日本史博士です。

さて今回は後白河の院政シリーズ第三弾の平清盛の回とリンクする内容で本編を読んでいただければ分かると思いますが、有名とはいえ突然登場しても困惑する読者もいらっしゃると思うのでざっくり語るための番外編です。

平清盛の誕生


f:id:gonikyuroku:20190901002222j:image

平姓なのでまあだいたい想像はつくでしょうが、先祖を辿ると源氏と同じく皇室に繋がるんです。しかも桓武天皇からの子息から流れが来ているので桓武平氏と呼ばれます。


f:id:gonikyuroku:20190901001850j:image

家系図作成本舗さんから引用してきました)
その一族・平忠盛の長男として生まれ、祖父・正盛や父・忠盛は北面の武士として白河上皇院政からずーっと仕えていて、そのバックグラウンドが存在する中で跡を継ぎました。


f:id:gonikyuroku:20190901001940j:image平忠盛

後白河からの信頼は厚く延暦寺の僧兵が清盛の郎党が起こした騒動の責任を取らせるために流罪を要求した際、後白河は全力で守っています。

また安芸守となって瀬戸内海を掌中に収め厳島神社を創建し、信仰します。 


f:id:gonikyuroku:20190901001916j:image

保元・平治の乱

保元の乱では後白河天皇源義朝と協調して勝利を納めました。しかし、義朝と軋轢が広がり、そのまま平治の乱に突入しますが、ちょうど熊野へ行っており、後白河・二条天皇が幽閉されます。しかし大急ぎで京都に戻り、義朝と藤原信頼に協力する風に見せかけて、後白河・二条を奪還し流れを大きく変えました


f:id:gonikyuroku:20190901001926j:image
結果、大勝に終わり、権勢はさらに広がることになるのです。

その後

ここからは本編にて解説していきますので、そちらでお楽しみください。

 

後白河の院政と平治の乱


f:id:gonikyuroku:20190821173509j:image

どうも未来の日本史博士です。

しばらく時間が空きましたが、前回に引き続き後白河天皇についてです。ちなみに更新していない無い間に槍ヶ岳縦走していましたので姉妹ブログにてつらつらと書いていきます。

では、早速始めます。

 

後白河の譲位

そもそも保元の乱以前から藤原信西が実権を握っていました。なぜなら信西鳥羽天皇の寵臣だったからです。そのため戦後に信西が主導権を握り(この時後白河は傀儡でした)保元の荘園整理令を公布しています。

その後、近衛天皇の母で鳥羽の寵妃として実権を持っていた美福門院得子と信西が話し合って後白河に譲位させて二条天皇が即位しました。

信西と二条側の確執


f:id:gonikyuroku:20190821172437j:image

二条天皇

藤原信西の排除を目論んで二条天皇の側近が立ち上がった、これが平治の乱です。もう少ししっかりと解説すると、二条側の公卿たちは親政(天皇直接の政治)を行いたかったのですが、信西が絶大な権力を基盤として後白河院政を推し進めようとして不仲になりました。さらに後白河陣営の中でも信西と権力争いをしていた藤原信頼が台頭してさらにややこしい状況になっていました。そこに源平の争いもあったんですがここでは多くは書きません。

平治の乱


f:id:gonikyuroku:20190821172506j:image

藤原信頼NHK大河・平清盛

この三つ巴の対立が爆発したのが1159年の平治の乱です。信頼と源義朝(頼朝の父)が組んで平清盛がいない隙を狙って二条天皇後白河上皇がいる御所に攻め込みました。f:id:gonikyuroku:20190821172818j:image
そして信西を殺害、二条、後白河を幽閉します。

f:id:gonikyuroku:20190821172635j:image信西の首)

が、熊野にいた清盛がすぐさま二条天皇六波羅に脱出させ、後白河は自力で脱出して反撃に出ました。この時すでに信西が殺害されていたので後白河には無関心で脱出しやすかったようです。これを知った義朝は信頼を「日本第一の不覚人」と罵倒したというエピソードが残っています。それくらい大きな出来事であったのは間違いなく、その後は多くを語るまでもなく二条派と清盛の圧勝で終わりました。

f:id:gonikyuroku:20190821172836j:image(引用:歴史まとめ.net)

二条派が立場をころころと変えたのでじっくり調べないと分かりにくいんですが、ざっと書くとこんなストーリーですね。

次回後白河の院政平清盛の台頭です。