未来の日本史博士の時典

日本史オタクが歴史を語る。アニメ、スター・ウォーズなんかも好きなんで時々綴ります

雪山@赤坂山〜装備編〜

どうも未来の日本史博士です。

前回赤坂山について書きました。今回はその続編です。

gonikyuroku.hatenablog.com

 

そのときに、持っていった装備を紹介します。

まずはザック

モンベルのレラパック30を使いました。

背中がとても通気性がよく、快適でした。

ショルダーハーネスもきっちり締めることができます。

雪山にはレインカバーが絶対必要ですが、レラパックには標準装備されています。

 

ポールは使ってません(雪山にはあったほうがいいです)

 

食料はおにぎり2つほどと、非常用にカロリーメイトを3箱持って行きました。

水分は500mlペットボトル2本でやりくりしました。

 

アイゼンについてですが、モンベルの6本爪のを持って行ったんですが、雪が深すぎて使わなかったですね。

一応紹介しておきます。

 

手袋はMILLETの10000円位の防水のを使いました。大分ゴツかったのでペットボトルのキャップ回すときとか苦労しました。

これも、紹介しておきます。

 

今回言及するつもりはありませんが、服については全身ほぼモンベルで揃えました。

モンベル最高です(あくまで個人の意見です。)

言うまでもなく、時計、お金、コンパス、地図、スマホ、非常用の防寒具も持って行きました。山登りするときは忘れてはいけません。

と、まあ、こんな感じの装備で登れました。

 

追伸 2019/03/10

 書くのを忘れていました。

 スパッツっていう(知ってる人は知っていますよね)靴に雪が入るのを防ぐための装 

 備がありまして、それも持っていきました。というか、使いました。