未来の日本史博士の時典

日本史オタクが歴史を語る。アニメ、スター・ウォーズなんかも好きなんで時々綴ります

京阪電車!特急の良さ

どうも未来の日本史博士です。

今回のジャンルはどちらかといえばアウトドア編ですね〜。別記事で京都御所についてじっくりと語りますので、どうぞお楽しみに!

 

京都まで

朝9:00に起きました。そして急いで準備、出発です。持ち物は山じゃないので普通です。地下鉄乗って淀屋橋で乗り換えて、京阪特急で出町柳駅まで直行しました。帰りの京阪特急についてちょっと語ります。


f:id:gonikyuroku:20190428183140j:image

ちょっと話変えますけど、皆さん「いなこん」って漫画知ってますか?「いなり、こんこん、恋、いろは」ってやつです。アニメ化もされてますからわかる人はわかると思うんですが、登場人物が基本京阪の駅名なんですよねー。例えば、伏見(主人公です)、丹波橋、墨染…というわけで(墨染は特急は止まりませんが)ぜひ確かめてみてはいかがでしょうか。雑談おしまい!京阪特急の旅路について説明します。

洛楽


f:id:gonikyuroku:20190428182918j:image

京阪特急よりもさらに早い快速特急でほぼノンストップで京橋まで向かうそうです。一日に出町柳駅行きが2本、淀屋橋駅行きが2本しか走らないまあまあレアな電車です。今回のメインはエレガントサルーン8000なので乗りませんでしたが偶然出会ったので写真だけ撮っておきました。正直内装は普通です。


f:id:gonikyuroku:20190428182856j:image

エレガントサルーン8000の魅力

写真と共に解説していきます。まずは外装。とにかくきれいな色をしていますよね。赤とクリーム色のコントラストが最高です。内装について深く語りたいのでサラッと流します。

内装についてですが、こんな感じです。f:id:gonikyuroku:20190426182950j:image

2×2の割と広めの作りです。しかもシートが柔らかいので座り心地がいいんです。ところでグループで旅行に着たときに4人で話したい!ってときありません?エレガントサルーンなら座席の背もたれの向きを買えて4人席にできるんですよ。出町柳駅淀屋橋駅で背もたれがバタッてリセットされますのでわざわざ戻す必要もありません。(途中下車の場合は一応戻したほうがいいでしょう。)背もたれのリセットは見物ですよ〜。実際に見てもらえばわかります。じゃあ話を戻しましょう。

二階建ての車両

ダブルデッカー車ってご存知ですか?平たく言えば2階建ての電車です。新幹線とかで見るやつですよね。それが京阪でも乗れちゃいます!

f:id:gonikyuroku:20190428182939j:image
実際に下の階に乗りました。乗り心地とかは大して変わりません。でも車窓から見える景色はちょっと面白かったですよ。特にホームで。スレスレなんですよね。見た目も印象深かったのでパシャパシャ撮っちゃいました。

 

とても快適な旅ができるので京阪は大好きです。そもそも京阪特急は特急料金がかからないので気軽に乗れます。さらに快適な旅がしたいのならプレミアムシートに乗ってみては?

とにかくオススメしたい京阪の紹介でした。