未来の日本史博士の時典

大メンテナンス中です。また、現在、新たなブログの改良を始めております。

MENU

そもそも原爆ドームって何だったの?など4月5日の出来事

フリー写真 広島平和記念碑の原爆ドーム

 

新生活が始まって落ち着きはじめた頃でしょうか?

四月も始まってはや5日、過去のこの日に何が起こったのかまとめてみました。

 

 

 

イースター島の「発見」

現在はチリの領内にあるだけあって、南太平洋に浮かぶ小さな島です。
現地語では「ラパ・ヌイ」と呼びます。もともと現地ではポリネシア系の民族が住んでおり、「大きな台地」を意味するようです。
モアイ像のあることで有名ですが、もう一つ話題になるのがモアイ像を建てるだけの素晴らしい文明が忽然として消滅したことです。
これは先住民の抗争とも、西洋文明の侵入とも、現地で食糧危機が起こったからともいわれています。
そんなイースター島が「発見」されたのがこの日です。
ただ「発見」というのはあくまで西洋社会からの見方でしかなく、先住民からみた立場からかけ離れていることに留意すべきだと個人的には思います。
 
ここに着目

原爆ドーム竣工

2022年のこの日はロシアによるウクライナ侵攻によるニュースが世界を騒がせているように戦争の話題が絶えません。戦争によって潰される建造物が多いことには嘆かれますが、この原爆ドームもそんな運命をたどった建造物の一つです。

原爆ドームはそもそも「広島県物産陳列館」という名前で1915年のこの日に竣工され、広島の物産の販路を拡大することが目的でした。その後「広島県産業奨励館」と名称変更がなされ、日本で初めてバウムクーヘンが作られたこともあったとか。

結局戦時中には行政の一施設として原爆投下を迎えました。

投下後の話はまた8月6日にしましょう。

 

ここに着目
  • 後の原爆ドームにあたる広島物産陳列館が竣工
  • 広島のプロモーション、行政施設の一翼を担う

イタリア・ファシスト党選挙勝利

ファシズムという言葉をきいたことがあるでしょうか?第二次世界大戦(太平洋戦争)のころ、日本、ドイツ、イタリアがファシズム社会として国家中心の体制を築いていました。
そんなファシズム、つまり国家中心主義的な考えを持つ政党の先駆けがイタリア・ファシスト党です。そもそもファシズムとはここに由来しています。
ファシスト党の党首として名高いムッソリーニは1922年に「ローマ進軍」と呼ばれるクーデターを実行して、政権を奪取。そして1924年のこの日に選挙で勝利し、与党となったファシスト党はこの年の年末に独裁政権を樹立して、ムッソリーニはイタリアの全権を掌握しました。
これからドイツと日本と軍事同盟を組んで、第二次世界大戦に突入することになりますが、その源流となったのがこの日といえるかもしれません。
ここに着目

 

今日のラインナップは以上です。

また明日に期待!